2014年

8月

04日

ギターを始めるのに必要な物 (その1、ストラップ)

ギターを始めるには、まずギターが要ります。ギターは大きく分ければエレキかアコギ(アコースティックギターのこと)、それにクラギ(クラシックギターのこと)、また持ち運びに便利な小型の変形ギターも出回っています。

 

エレキに魅力を感じる人は多いと思いますが、非常に重く、しかも自分だけでは鳴りません。つまりエレキにつなぐアンプが必要なのです。それで、様々な音楽活動に持ち込むことを考えると、普通エレキは余りお勧めできません。また抱えて弾くことを考えると、普通のひょうたん型のボディをしたギターが一番だと思います。

 

でアコギの方ですが、クラシックギターもアコースティックギターに違いないのですが、アコギというとフォークタイプのものを指すようで、クラシックギターはまた別物という感じです。

 

で最初にギターを買うとしたら・・・・。フォークとクラシックはそれぞれ形や響きに特徴があって、これはもう好みの問題です。

ごく簡単に言うと、クラシックはやや小型、でも左手で弦を押さえるためのネック(棹の部分です)は太い。そして、クラシックはナイロン弦で押さえるのもそうですけどサウンドもやわらかい。フォークの方は基本スチール弦で、しっかり押さえると最初の頃は指先が痛い、でもシャリ~ンという金属的なサウンドが魅力です。普通に弾けばフォークの方が大きな音が響くはずです。

 

ギター本体は当然として、次に必要なものがストラップです。

ギターは懐に抱えて奏でる楽器です。この抱える動作にも慣れが必要なわけですが、これを一気に容易にしてくれるのがストラップ(肩からけてギターを安定させる紐)です。

立って弾くときはもちろんのこと、座って引く場合にも障がいのある人や高齢者、また初心者はストラップを自分に合った長さで付けることが重要です。

 

ギターには左の写真のようにストラップをつけるためのピンが2 か所ついているものと、右側の写真のようにピンは1 か所でもう一つはネックの上の方にひもで括り付けるタイプのものがあります。

クラシックギターは、そもそも通常ストラップをつけるためのピンがありません。

 

で、これは断然おすすめなのですが、クラシックであれ、フォークであれ、写真左のように2 か所のピンのついたものにストラップをつけることです。そうすると胸とギターが一体になってとてもとても弾きやすくなります。ピンを増やすにはギターに穴をあけることになりますので、素人が行うのはもってのほか、お店の方にきちんと相談してください。

 

あと、ギターのオーナーになったら欠かせないのが、移動用のケース、弾かない時のスタンド、調弦のためのチューナー、カポタスト、ピックです。これはまた別の稿で解説しましょう。

 

音楽療法士 吉田 豊

 ストラップピン取付けサービスのギター(クラシック/フォーク) はこちらからご購入いただけます

 

 

こちらで紹介されています楽器は、村井楽器オンラインストア から購入していただけます。また、松阪店 では実際に楽器に触れていただき音色を確認していただくこともできます。

 

ご質問・ご相談などありましたら 村井楽器 松阪店 まで、お気軽にお問い合わせください。

 

村井楽器 松阪店 TEL:0598-21-1030

 

専門の知識を持ったスタッフが、音楽療法の現場で活躍される皆様からのご連絡をお待ちしております。

カウンター
音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法
音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法
音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法
音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法
音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法
音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法
音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法三重音楽療法音楽療法音楽療法音楽療法